フリーキャッシングは用途が限定されないので使い勝手がよいです

去年はじめて消費者金融のフリーキャッシングに申し込みしましたが、
フリーと呼ばれるだけあって用途は完全に自由でした。

 

一部のフリーキャッシングには事業資金・投機性資金・ローンおまとめ資金などには利用できないようですが、
自分が申し込んだフリーキャッシングはすべての用途に対応していました。

 

審査でも利用目的を聞かれることは一度もなかったです。
フリーキャッシングの借り方には2種類あって、
ネットで申請して指定口座に振り込んでもらう方法、
そしてカードを利用してATMで借りる方法です。

 

当初はカードの発行を考えましたが、
手元にカードがあると借りすぎてしまうと考えて、
口座振込してもらう方法を選びました。

 

 

フリーキャッシングは借り入れ・返済の利便性が高く、
すべてネットから手続きができました。

 

返済するときもネットバンキングから返済できるので、
店舗に行く必要はありません。

 

ただ指定口座に振り込みしてもらい、
それから銀行に行って出金をする必要があったので、
その点はカードで借りるよりも手間を感じましたね。

 

生活費が足りないときはカードで借りて、
公共料金の引き落とし分が足りない場合は振込融資を受けるなど、
使い分けるのが得策かもしれません。

 

 

非常に便利なフリーキャッシングですが欠点もあり、それは金利が高いことです。
契約中の自動車ローンの5%に対して18%という利率でした。

 

ただ利用限度額が20万円と比較的少なく、
借り入れしたお金は返済日に一括返済、
長くても3回返済以内に抑えていたので、
利息は思いのほか少なかったです。

 

利息は金利だけで決まると思いがちですが、
借り入れする金額・返済回数などのほうが大きく影響してくるのだと実感しました。

 

今まで消費者金融には怖いイメージを抱いていましたが、
返済日までに返済していれば催促を受けることはありません。

 

すでに契約をして1年を超えていますが、
一度も向こうから電話がきたことはないです。

 

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社